[NEET] [B型] [変人] (3大社会悪!?) のKAZがいろんなものを独自な視点で述べまーすよー。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|
 前回に続いて、おごるということについて考えます。今回は、「おごられる」ということに対する自分の考え方を述べたいと思います。
 
 例えば、お金を持っていなくて飲み会で3000円おごられるとします。
おごってくれた人が
 1.月収100万円もある人
 2.時給800円のコンビニで働いている人
の場合ってどういう風に思いますか?2の人の方におごられた場合は、1の人におごられた場合よりも悪いなぁって思いますか?それとも同じように思いますか。

 私はお金を出すべきだなって思う場合では、1のようなふりをして払うこともあります。「そんなに気にしないでね」っていう意味です。でも、よーく考えてみてください。お金の額は一緒で、おごられる私にとって3000円の価値も同じなわけです。その人の背景によって変わってしまうというのはおかしな話じゃないでしょうか。

 おごってくれる人は、私におごるために労働のような社会に価値提供をしてその対価をくれているわけです。私におごるために、何時間か働いているのです。つまり、私のためにその人は貴重な時間を費やしてくれているわけです。もっと言うと、私にあなたの時間の一部をくれているって考えることもできるんじゃないでしょうか?

 逆に言うと、自分が今時間はあるけど金がないとして、時給800円のバイトを4時間してまで人におごろうとしますか。そんな時間がないと思う人、その人は今自分に使っている時間の一部を削って、例えば睡眠時間とか、そしてその時間をつかってバイトしてまで人におごろうとしますか?これって、なかなかできることじゃないですよね。
 でも、3000円という価値から考えると一緒であり、自分がするとしたらそこまでしなくちゃいけないことをしてくれるわけです。だから、悪いって私は感じるんです。

 私は、「お金で人の心は買える」ってのはある面で当たっていると思います。文字通り受け取ると変な誤解を受けますが、自分が苦労して稼いだお金を気持ちをこめて、人のために使う。その結果、その受けた人がお金だけじゃなくその価値と気持ちを理解して動かされる。これって健全な形ではないでしょうか。
 
 『気持ちを込めたお金で人の心は結果的に買えることがある』

といった感じでしょうか。 
スポンサーサイト
 「割り勘」「おごり」。普段の飲み会でお金を払う時に、どうやってわけていますか?
 
 一緒に飲む人やその飲み会の目的などによって違うと思います。その中で、タイトルにあげた「勘定はお金がある人が出すべき」という考え方を持つ人が結構いるんです。

 自分の考え方を先にいいますと、この考え方に断固反対です。私のまわりにこの考え方を言った人たちは、たいていお金がない人ばかりです(飲み会のときに、多く払うことは少ないですね)。
 私は、酒が弱いので飲み会でそんなにお酒を飲みません。当たり前ですが、割り勘以上はいつも払うようにしています。(むしろ、割り勘よりも多い場合が多いです。)

 でも、逆にあんまり人におごることはない気がします。「KAZさんにはおごって貰ってもらってないですよね」って言われたりもします。それは、あまりおごって貰うのは好きじゃないからです。おごって貰うとその人に「すいません」って気がしていつかお返ししようと思うわけです。
 だから逆に、自分からおごることもあまりないような気がするんです。その代わりに、同い年の人や後輩と飲むときには少し大目にだすようには心がけています。そのほうがおごられたっていう感じがないので、自分ではいいと思っていました。

 でもあるときに、「勘定はお金がある人が出せばいいじゃない」って考え方を何人かのかたから聞きました。「KAZさんにはおごって貰ってもらってないですよね」こんなことも言われました。正直自分の中でがっかりしました。自分は、普通のサラリーマンでしたし、給料が高かったわけではありません。ただ、実家で暮らしていて、自分の車を持っておらず、酒、タバコ、ギャンブルもやらないので、多少お金があったかな
って程度です。

 昔はムカッときてましたけど、最近はあまり思わなくなってきました。よく「お金は天下のまわりもの」と言ったものです。私自身は飲み会で損をしているかもしれないですけど、大学生になって自分でバイトするようになってからお金に困ったことは一度もありません。
 だから、あまり目先のことでケチケチしたり目くじら立てたりしないで、わが道を行きたいと思います。
 (愚痴っぽくてすいません。)
 私は郵政民営化に関しては賛成です。外資が340兆円を狙っているという話がありますが、私はこれは問題ないと思っています。

 郵便局に預けているお金は、各個人が郵便局に貸しているお金なわけです。借り手が変わって外資になって貸したくないと思えば、返して貰えばいいわけですよね。
 仮想の話ですが、こんなことが起こったら面白いですよね。
 『340兆円を狙って外資が高く買った後、頭のよい日本国民がみんな預金を下ろしたら、郵便局を買収した外資は大損をする』。外資にとって340兆円以外に、郵便局の魅力ってないんじゃないですかね。

 私の個人の考えでは、郵政をどうしたいかというのは結局、国民の意思にかかっているのではないでしょうか。選挙の投票ではなく、郵便局にお金を預ける Or 預けないという意味を知り、その意思表示をすることが大事だと思います。

 先ほどの想定とは逆の怖いパターンもありますね。

 1.外資系銀行が外資系の株主の多い日本の企業にお金を貸す。
 2.その借りたお金を使って、安い賃金で優秀な日本人を雇い、会社の利益を多くあげる。
 3.その利益を外資系の株主に還元する。
 4.安い賃金の中で貴重な預金を外資系銀行に預ける。(1に戻る)

 これは、日本の労働者が低賃金で苦労してあげた利益を外資に持っていかれるというパターンです。外資系企業が株主になっている会社は増えていますので、このパターンは進んでいると思います。
 
 私は最近株式投資を始めました。これは、株で儲けようというよりも、自分の資産は自分で管理して自分で守るしかない、と強く感じるようになったからです。投資するには、それなりの知識がないと損をしてしまうので勉強をしながら、少しずつ投資をしています。
 国債を買って、自分のお金を国にまかしておけば安心という時代は終わって、自分のお金は自分で守る時代がきたんだと思います。いろんな人たちがあなたの虎の子のお金を狙っていますからね。

 最後に外資が悪いと言っているわけではないです。今の日本は外資が引いてしまったら大変なことになるでしょう。何でもかんでも悪いというのではなく、外資の意味を知ることが大事なのではないでしょうか。
 選挙が近くなってきましたね。9.11ですよね。アメリカのテロを思い出させる日付です。この選挙で日本もよくなるといいですね。

 今日は、会社というものについて考えてみたいと思います。私が今までいろいろ知ったことを踏まえて、会社というものを図に表してみました。

 以下は私の会社に対する考え方を述べます。(これが正しいというものではありませんが、それなりに的を得ていると思っています。)
 まず、会社というのは制度・仕組みであって誰かのものではありません。あえて言うとステークホルダー(利害関係者。この図にでている周りの人)である人たちみんなのものであります。ステークホルダーの人は、会社にそれぞれ何かを提供し、その代わりに何かを得ます。
 会社の中心には、経営者がいます。経営者は、顧客に製品やサービスを提供してお金(売上)を得るために、
  1.どのような取引先と取引して
  2.どのような従業員をいれて、どのような仕事をさせ
  3.どの銀行から、どれぐらいのお金をどれぐらいの利率で借りて
  4.どのような株主からお金を出資してもらうか
 を考えて、実際に行います(国はとりあえず日本で行うということであれば選びようがありませんので、ここでは省略してます)。そして、売上からどのステークホルダーにどれぐらいの利益を分配するかを決めるわけです。
 
 例えば、株主に還元するために利益を多くするためには、取引先とのお金(仕入の値段など)を下げたり、従業員の給料を下げたりするわけです。経営者はどのように資源を集めて、どのように利益を配分するかといったことが重要な仕事になります。

 一つ会社と従業員の関係を見てみましょう。従業員の側にたって考えると、会社から得られるものは、給料だけではないです。福利厚生もですよね。両方とも、会社側から見ると従業員に与えているものです。会社から見ると同じ矢印になりますね。では、所得税はどうなるでしょうか?所得税は、会社が従業員の給料の一部を税金として国に納めていますね。つまり「会社→国」なわけです。法人税ももちろん「会社→国」ですね。大きな意味では変わんないんですよね。
 
 「所得税」と「法人税」を全然違うものと認識している人も多いと思います。今回の選挙で、サラリーマン増税反対っていいながら、法人税をあげるべきだって主張している党もありますね。私は、「会社が国に払うもの」という点でどちらも変わらないと思うんです。法人税を上げても、従業員の給料を下げれば(実際には、昇給を減らして同等の効果を得ることをすると思いますが)結局変わらないわけです。
 
 この図は「損益計算書」を意識して作っています。売上から時計回りに原価や販管費、支払利息、税金、利益といった流れを踏まえてつくっております。
 会社は、いろいろな立場の人が複雑にかかわっていますけど、こう見ると何を提供して何を得ているかがわかり、結構すっきりしていませんか。お金の流れという観点で物事をみると、複雑なものも意外とシンプルに捉えられるのではないでしょうか。
続きを読む
 日テレで24時間テレビやってましたね。「愛は地球を救う」という合言葉でずいぶん長い間やってますね。

 今日は、募金について自分の考えを述べたいと思います。
 募金というのは、正直あまりよくないと思っています。これは、「Bad」の悪いという意味ではなく、「そんなにいい方法ではないなぁ」という感じです。

 募金って、与える人ともらう人ってくっきり別れてしまうと思うんです。そして、もらう人が受け取るものってお金だったりしますね(あとは、お金でかえるものだったり)。この形っていいとは思わないんです。
 
 募金を受け取る人が何もせずに受け取るってのが問題あると思うんです。募金を受け取る人が受け取らなくて済むような生活の手助けをしてあげる形が理想だと思うんです。例えば、何かしてもらってそれに対して募金のお金を渡すっていう形ですね。こうすれば、受け取る人もただ受け取るわけではなくなり、自立の道が開けてくると思うんです。

 逆に、募金を渡す方もお金を渡せばいいってものではないと思うんです。普段の生活で、お金に苦労している人が貴重なお金を募金するというのは一見ほほえましいことです。でも、ビルゲイツのような金持ちがぽーん大金を募金した方が、もらう側としてはうれしかったりします。
 どちらが偉いとか比べることはできないと思うんですけど、私はその人にあったやり方で貢献すればいいんではないかなと思うんです。募金だと金のあるなしに大きく左右されますよね。
 芸能人がチャリティーコンサートをやる、手作り品をバザーで売って寄付する、ボランティア活動をするなどさまざまな方法があります。また直接的ではないにしても、社会貢献するってことが大事なことだと思います。

 自分にあった社会貢献の方法を現在探していますが、価値のあることを人に伝えるってことも社会貢献の一つだと思います。私の書いていることがそんなに価値があることを書いているとは思いません。でも、ほんのちょっとでもいいから、(反面教師としてでもいいので)価値があると思える人がいてくれるような文書を書くことを目標にしていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。