[NEET] [B型] [変人] (3大社会悪!?) のKAZがいろんなものを独自な視点で述べまーすよー。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|
 選挙の政策論争のテレビを今日も見てました。そこで感じたことは、どの政党のどの政策がいいのかわからないってことですよ。そこで、もし自分が政治家だったら今の問題についてどう対処するかってことを考えてみようと思います。その結論をだすなかでいろいろ悩んだことから、各政党の人が言っていることに共感できたり、違和感を感じたりすることができると思います。
 
 そこで、まず「年金問題」について考えてみました。

 自分の立場は、厚生年金には3年ほど、国民年金は大学生の時から払い続けているので5年加入しております。もらうのはあと40年以上先になると思われる立場です。

 いろんなことを考えた結果、年金制度を改革した最終形を述べます。

 <私案>
 1.保険料制度の廃止 (年金は税金でまかなう)
 2.厚生年金・共済年金(公務員の年金)・議員年金等の廃止
   (定額支給の国民年金のみとする)
 3.国民年金の支給額は、生活保護と同じ額を支給する。
   (支給額は、生活保護の費用を含めて検討する。)
 4.支給時に一定額以上の収入がある人は、支給停止とする。
   (例えば、年間の年金総支給額の10倍以上の収入がある人)

 <考えた上でのポイント>
 年金とはそもそもなんなのか?
  ⇒「老後に働けずに収入がなくなった際に、最低限の生活を保証するもの」

 その結果以下のことを考えました。

  1.最低限の生活を保証するという点で「生活保護」と同じである。  (ただし、働かなくてもいいと考えられる年齢なので、支給の要件は年齢と収入だけにしてそれ以外の制限は設けないという点で生活保護とは違うものである。)
  2.その年金をもらわずとも生活できる人は、支給を停止する。
   (生活保護という観点に加えて、財政が厳しい現状では、我慢してもらう。)
  3.所得に応じて年金支給の額を増やす必要はない。   (多くもらいたい人は、現役世代の時に民間の保険会社で保険をかければよい。)
  4.国にお金を払うという点で保険料=税金なので一元化可能。   (保険料の滞納問題も解消され、支給のルールもシンプルにするので余分な公務員を削減できる。)

 この案は、自分ではなかなかいいと思いますが、どうなんでしょうか。もし、それなりにいい案だとしても、すぐにこの制度に変えることができる案ではないです。(そうしたら、今まで長い間厚生年金を払ってきている人とそうでない人で大きな不公平が生まれますからね。)

 この案は、シンプルでわかりやすいですよね。不公平感も少ないと思います。だって、俺は税金いっぱい払っているから、将来年金の支給額が多くなるって考えている人はいないですよね。また、年金制度は運用することが大事なのですが、公務員が運用するより、民間人が運用した方がよっぽどいいですよね。それであれば、運用が必要ない制度づくりにすればいいわけです。

 ただ、こうして考えた結果一つだけわかったことがあります。投票する党がないんですよね。ふさわしい党があれば教えてください。
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。