[NEET] [B型] [変人] (3大社会悪!?) のKAZがいろんなものを独自な視点で述べまーすよー。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|
 GMOインターネットの熊谷社長の講演を聞いてきました。前に本を読んだ時にも感じたのですが、実際にお会いして講演をお聞きして、「非常にスマートな人」だと感じました。

 現在フリーエンジニアとして、また個人事業主として活動している私ですが現在大きなターニングポイントを迎えているところで、自分の将来について真剣に悩んでおります。そんななかで今回の講演は非常に有意義でした。正直、熊谷社長の考え方は並みの人間ではできないような気がします。でも、その考え方は論理立てられていてスマートであるので、自分で取り入れられるものは取り入れて、自分なりにアレンジしながら役立てて生きたいと思います。
 (詳しい感想については、今日の講演を踏まえて実践をしてみてから書いてみようと思います。)


 また私の悩んでいることに戻りますが、1つわかったことがあります。それは、真剣に悩むのはこれからの道が複数あるからであって、非常に贅沢な悩みであると思っています。
 このような環境に今いられるのも、周りによき人々にめぐりあえたからだと思っておりますし、非常に感謝しております。

 決断をくだすことは簡単かもしれませんが、せっかくの贅沢な悩みなのでとことん悩んでみようと思っております。

 『環境を変えることで、今まで見えなかったものが見えるようになる』
 
 昔いた会社のよさも改めて気づきますし、また新たな変化によって新しい気づきを得られます。どんどん新しいことにチャレンジしていき、自分の感性での気づきを得て、その結果をご報告していきたいと思っています。
スポンサーサイト
 キーボードを買い換えました。サンワサプライ メカニカルキーボードにしてみたんですが、ちょっとカチカチうるさいのですが、打鍵感がいい感じです。

 今まで使ってたしょぼいキーボードと全然違ってびっくりです。キーボードで文字を打っている感覚がありつつ、でもボタンが軽いのでタイピングに疲れませんね。

 まだ使い始めて2日ですがおすすめです。
 日本代表がウクライナに負けましたね。退場のジャッジといい、PKのジャッジといい、何か審判が一人でゲームを作ってしまった感じがありますね。せっかくの親善試合が台無しのような気がしますが。。。

 さて、最近気になった話題を。

 「郵政民営化反対派が賛成へ」
 有権者をなめてますよね。ほんと。逆に言うと、有権者からあれだけの力をもらった自民党が今後どのような判断をするか気になりますけどね。
 
 「パキスタン大地震」
 パキスタンが大地震で大変なことになってますね。ビンラディンが死んだとか言いますけど、どうなんでしょう。まぁ、別の誰かがビンラディンを名乗ってしまえば、それはそれで今までと変わらない気がしますが。。。

 「村上ファンドの阪神電鉄株買収」
 今年の7月から本格的に株をやり始めた私にとっては、気になる出来事ですが、絶対に阪神電鉄株は買わないですね。要は、ババ抜きをやっているようなもので、自分の金をかけてまでババ(高値掴みをする)抜きには参加したくないですね。

 株は最近はじめました。これは、株で儲けるということよりも、自分自身でお金を一定利回りで運用できる能力を身につけたい、ということではじめています。

 目標:平均利回り年12% (月1%換算です)

 現在は、株式市場全体が好調であるのでこの目標は達成していますが、日経平均の上昇率よりも自分の利回りの悪いところが悲しいところですが。。。堅実にやっていきたいと思います。

 明日、GMOインターネット社長の熊谷さんのお話を聞いてきます。
先日「情報整理術 クマガイ式」という本を読んで面白かったので、楽しみです。
 最近ニュースを見ていて気になったのがこのタイトルの平均給与450万円です。性格には461万円ですが、これは単純に給料だけの年収で、これにボーナスが加わって550万円ぐらいが平均年収だそうです。

 この金額ってどう思いますか。私はただ「安いな」って感じました。でも、この額って年々下がっていくんだろうと思います。2007年になると団塊の世代と呼ばれる人々が定年退職していくことにより、今まで多くの給料をもらっていた人々が多く退職することもありますが、年収自体が下がっていっているのは明白でしょう。

 2年前に年収300万円時代を生き抜く経済学という本がだされましたね。この本をだされたころは、「なんて本をだしたんだろう」と思いましたね。年収300万円での生活を勧めるってどうなんだろうって。今でもその気持ちは変わってません。

 でも、ベンチャー企業で大成功を収めている方々をテレビで拝見すると、幸せなのかなと思ったりもします。やはり、どんどん年収の格差が開いていって、勝ち組と負け組が出て行く時代になってきました。今後も加速することでしょう。

 この先どうなっていくんでしょう。私も今の仕事が10月末で終わるんでこの先のことはよく考えています。果たして勝ち組を目指すべきなのでしょうか?それとも年収300万円の生活を楽しむべきなのでしょうか?
 私もよくわかりませんが、1つだけ思うことがあります。なんで、年収が下がってしまうんでしょう。なんで平均年収を上げようとする人がいないんでしょう。みんながもっと社会に大きな貢献をできるようになれば、平均年収をあげることはできるのではないでしょうか。そうは単純なことではないと思います。でも、勝ち負けとかそんなんではなくみんなが勝つようなことを考えて実践していきたいです。
続きを読む
 最近、暖かかったり寒かったり気温の変化が激しいですね。体調を崩してしまって、更新が遅れてしまいました。
 私の周りも体調を崩している人が多いので気をつけてくださいね。
 前回に続いて、おごるということについて考えます。今回は、「おごられる」ということに対する自分の考え方を述べたいと思います。
 
 例えば、お金を持っていなくて飲み会で3000円おごられるとします。
おごってくれた人が
 1.月収100万円もある人
 2.時給800円のコンビニで働いている人
の場合ってどういう風に思いますか?2の人の方におごられた場合は、1の人におごられた場合よりも悪いなぁって思いますか?それとも同じように思いますか。

 私はお金を出すべきだなって思う場合では、1のようなふりをして払うこともあります。「そんなに気にしないでね」っていう意味です。でも、よーく考えてみてください。お金の額は一緒で、おごられる私にとって3000円の価値も同じなわけです。その人の背景によって変わってしまうというのはおかしな話じゃないでしょうか。

 おごってくれる人は、私におごるために労働のような社会に価値提供をしてその対価をくれているわけです。私におごるために、何時間か働いているのです。つまり、私のためにその人は貴重な時間を費やしてくれているわけです。もっと言うと、私にあなたの時間の一部をくれているって考えることもできるんじゃないでしょうか?

 逆に言うと、自分が今時間はあるけど金がないとして、時給800円のバイトを4時間してまで人におごろうとしますか。そんな時間がないと思う人、その人は今自分に使っている時間の一部を削って、例えば睡眠時間とか、そしてその時間をつかってバイトしてまで人におごろうとしますか?これって、なかなかできることじゃないですよね。
 でも、3000円という価値から考えると一緒であり、自分がするとしたらそこまでしなくちゃいけないことをしてくれるわけです。だから、悪いって私は感じるんです。

 私は、「お金で人の心は買える」ってのはある面で当たっていると思います。文字通り受け取ると変な誤解を受けますが、自分が苦労して稼いだお金を気持ちをこめて、人のために使う。その結果、その受けた人がお金だけじゃなくその価値と気持ちを理解して動かされる。これって健全な形ではないでしょうか。
 
 『気持ちを込めたお金で人の心は結果的に買えることがある』

といった感じでしょうか。 
 「割り勘」「おごり」。普段の飲み会でお金を払う時に、どうやってわけていますか?
 
 一緒に飲む人やその飲み会の目的などによって違うと思います。その中で、タイトルにあげた「勘定はお金がある人が出すべき」という考え方を持つ人が結構いるんです。

 自分の考え方を先にいいますと、この考え方に断固反対です。私のまわりにこの考え方を言った人たちは、たいていお金がない人ばかりです(飲み会のときに、多く払うことは少ないですね)。
 私は、酒が弱いので飲み会でそんなにお酒を飲みません。当たり前ですが、割り勘以上はいつも払うようにしています。(むしろ、割り勘よりも多い場合が多いです。)

 でも、逆にあんまり人におごることはない気がします。「KAZさんにはおごって貰ってもらってないですよね」って言われたりもします。それは、あまりおごって貰うのは好きじゃないからです。おごって貰うとその人に「すいません」って気がしていつかお返ししようと思うわけです。
 だから逆に、自分からおごることもあまりないような気がするんです。その代わりに、同い年の人や後輩と飲むときには少し大目にだすようには心がけています。そのほうがおごられたっていう感じがないので、自分ではいいと思っていました。

 でもあるときに、「勘定はお金がある人が出せばいいじゃない」って考え方を何人かのかたから聞きました。「KAZさんにはおごって貰ってもらってないですよね」こんなことも言われました。正直自分の中でがっかりしました。自分は、普通のサラリーマンでしたし、給料が高かったわけではありません。ただ、実家で暮らしていて、自分の車を持っておらず、酒、タバコ、ギャンブルもやらないので、多少お金があったかな
って程度です。

 昔はムカッときてましたけど、最近はあまり思わなくなってきました。よく「お金は天下のまわりもの」と言ったものです。私自身は飲み会で損をしているかもしれないですけど、大学生になって自分でバイトするようになってからお金に困ったことは一度もありません。
 だから、あまり目先のことでケチケチしたり目くじら立てたりしないで、わが道を行きたいと思います。
 (愚痴っぽくてすいません。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。