[NEET] [B型] [変人] (3大社会悪!?) のKAZがいろんなものを独自な視点で述べまーすよー。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|
 人が人を評価することは、大変難しいことだと思います。大企業から今は中小企業に移ると採用活動でもまた違った面が見えてきます。

 大企業:
 「数多くの応募者から7割以上の人を不合格にしないといけない。」
 中小企業:
 「学歴以外の面をよく見ていい人を採用しようとするが、そもそも応募者が集まらない。」

 新卒者の採用においては、ミスマッチがおきていると思います。
 
 一方転職する場合は、自分の職歴を持ち、仕事の希望や待遇の条件を伝えると、人材エージェント会社が自分の条件にあった会社を紹介して、就職活動をサポートしてくれるわけです。この仕組みがミスマッチを減らしてくれていると思います。

 しかし、新卒者で特別優れたスキルがない場合は、このようなことはないわけです。

 このような現状の中で、どのような採用活動をしたら企業・新卒者ともにハッピーになれるのでしょうか。
 ただし、お金も時間も限られているわけです。私が思っている条件を以下に書き出して見ます。

 【企業】
  ・自分の会社を知ってもらうのにお金がかかる。
   (リクナビに出すと、数百万かかったりするらしいです。)
  ・自分の会社をもっとよく知ってもらうためにお金がかかる。
   (会社説明会を行うのに、場所を借りたりするためです。)
  ・採用活動を行う期間が短い。
   (大学生では一応4年生になってからという協定がある。)
   (学生は、内定を早く欲しがる。遅くだすと並みの企業では学生から断られる。)
  ・応募者数が多くて、一人ひとりに時間をかけられない。
   (1回1時間面接するのに1人あたり少なくとも1万円以上は経費がかかる。)
  ・採用期間が決まっており、採用人数も決まっている。
   (企業を大きくするためには、人を増やしていかなければいけません。その中で、今年は何人採らないといけないというのが決まります。また、いい人が多いからといって多くの合格者をだすわけにもいかないのです。)
  ・企業にとって望ましくない人を万が一採用してしまった場合でもクビにすることはできない。
   (企業としては、何十年もかけてその人に給料として総額で億単位の額を払わないといけない)
  ・採用したらすぐに会社に利益をあげてくれるわけではなく、育成などにまたお金がかかる。
   (3年ぐらいしてやっと利益を出し初め、5ぐらいで+-0ぐらいになる。)
  ・そのため、採用活動の重要性は認識していても、そこまでお金をかけられない。
  (企業によっては、かけたからといって人が集まるわけではない。)
  ・採用に対しては、今でも十分にお金がかかっている。
   (1人あたり、100万円以上かかっている企業もある。)

 以上

 こんな条件の中で、理想もしくは今よりもっといい方法はあるのでしょうか。

 例えば、4年生よりもっと前から採用活動を可能にする。
 ⇒優秀な学生に対しての企業間の奪い合いの競争が激化しすぎてしまう。(これが問題で、現状は4年生になってから内定をだすらしい)

 自分のテーマの一つとして考えていきたいと思います。また何かいい方法があれば教えてください。

 最後に、人が人を評価するのは難しいです。長い時間あって、その人自身を知っていても、従業員の評価をつけることは難しいのですから。
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。