[NEET] [B型] [変人] (3大社会悪!?) のKAZがいろんなものを独自な視点で述べまーすよー。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|
 実は今年に、貴重な体験をしたんですよ。電車の中で見渡す限り、女の人でその車両に♂は自分ひとりしかいなかったんですよ。これって、どういうことかわかりますか?

 実は間違えて、女性専用車両に乗り込んでしまったんです。今日はその時の体験談を書きますね。
 
 4月某日、東京(といっても千葉ですが)育ちの私が仕事で名古屋に出張に行ったんですよ。生まれは名古屋なんですけど、ずーっと千葉で育って、名古屋は全然行ったことがないんです。
 その出張は夜に行って夜勤をして次の日の朝に帰ってくる予定だったんですけど、トラブルで帰れなくなってしまったんです。昼間の12時ごろに一旦会社をでて寝ることにしたんですけど、もちろんホテルをとっていないので、サウナで仮眠をしたわけです。といっても、そんなに寝れるわけではなく、疲れがとれないまままた夜勤をしたんです。そしたら、その日もまたトラブったわけです。また、サウナに連泊かと嫌なことが頭をよぎりました。でも、東京の上司から「大事な会議に出席して貰うから戻って来い」って連絡が入ったので、夜勤明けに東京に戻ることになりったのです。
 
 東京に戻る日の朝です。2日連続夜勤&トラブル対応で疲れ果ててた私は、早く東京に戻ろうと朝8時ごろに名古屋の仕事場をでて、急いで地下鉄の駅に向かいました。東京の仕事場には、ミーティングがあるために午後には出勤しなければならなかったので、家に帰る時間も計算して、新幹線の時間も調べてありました。名古屋の仕事場は、名古屋駅から地下鉄で2つ目のところだったんで、新幹線の時間を考えると仕事場を出た時間はあんまり余裕がなかったんです。それと行きは、名古屋駅からタクシーで来たので、名古屋駅の乗換も時間がかかるかなって思ってました。
 そして駅で切符を買って、ホームに行くために階段を下りていると、タイミングよく名古屋駅行きの電車がきてるではないですか。早く帰りたい私は、階段を駆け下りてすぐに電車に飛び乗ったんです。
 「グットタイミング」と心の中で思いながら、電車内の路線図を確認して乗った電車が間違っていないことも確認した後、バッグから音楽プレーヤーを取り出して、一息つきました。そして、ドアに背をむけてよっかかりながら、トラブった仕事のことを思い出しつつ、ちょっと上を向いてボっーとしてたんです。
 すると、女子高生2人組がこっちをずーっと見てるのが気になったんです。そして、コソコソ話しながら笑ったりしてるんです。確かに、徹夜明けでよれよれのスーツを着ていて、決してきれいとは言えるカッコではなかったですけど、変なかっこをしてたわけではなかったです。気になりつつも頭も働くような状況ではなかったので、そのままぼっーとして次の駅(乗車駅と名古屋駅の間の駅)に着き、ドアが開きました。
 乗車駅と名古屋駅は、電車の進行方向に向かって右側のドアが開くのですが、その中間の駅は左側のドアが開くんです。そこで数人、乗り降りする人がいて、ふと気がついたんです。「やけに、この車両には女の人が多いな」って。そして、乗り降りする人が終わって、プシューっという音とともにドアが閉まりました。そこで、私の目に思わぬものが飛び込んできたわけです。『女性専用車両(6:30~9:30)』

 知らぬが仏とはよくいったものです。頭がまったく働いてない状況の私でもすぐに理解できました、が、もうドアが閉まった後です。私が乗っていた位置はその車両の真ん中に乗っていたので、隣の車両に行くのも「きついな」って思ったわけです。
 もう仕方なく、ドアによりかかるのをやめて、全乗客に背をむけるようにしてドアを向いて立つようにしたわけです。すると今度は、ドアに書いてある『女性専用車両』の文字が目に入ってくるわけです。「もう早く名古屋駅についてくれぇー」心の中はこれだけです。
 でも、間違えて女性専用車両に乗って一番恥ずかしい時ってどんな時かわかりますか?そう、降りる時です。乗っている時は、私のように背を向けてしまえば顔を見られないからいいんですけどね。降りる時は、電車が止まってドアが開くまでにちょっとした間がありますよね。その時に、ホームで乗ろうとしている多くの女性がこちらを見ているわけです。ある種注目の的ですが、その視線は非常に痛いもんでした。
 言うまでもなく、ドアが開いて一目散にその場を立ち去ったことはいうまでもありません。
 女性専用車両に乗っていた間の数分の出来事でした。。。
 ドジな私でもこんなに恥ずかしい思いをしたのないですね。これがきっかけで前の会社を辞めることを決断したんですよ(笑)
 これを書いていて女性専用車両ができたころに、男の人が乗ろうとして駅員に止められたことがニュースになってたのを思い出しました。私は、もう二度と乗りたくないですね。

 これ以降、どっかいって電車に乗るときにまず注意することは、女性専用車両かどうかになりました(笑)

 教訓:
  知らない電車に乗るときは、「女性専用車両」も文字に注意!!
スポンサーサイト
コメント

女性専用車両に乗ったんですか!?
私もまだ乗っていないのに…
先を越されました☆
とても貴重な体験ですね。
2005/08/15(月) 21:43:35 | URL | マーチ #-[ 編集]
時代の最先端!?
ホント貴重な体験です。二度としないでしょうね。
でもこれ全然自慢できることではなくて、むしろ恥ずかしい出来事なんで、公表することで自分への戒めかと。
書いている内容で、わかったように見えるかもしれませんが(全然そんな気はないんですけど)、まだまだ勉強中です。
まぁ、自分の体験から感じたことを書いて、誰か一人でもいいからちょっとでも印象に残ってくれればいいかな、という感じで書いてます。
でも、やっぱり恥ずかしいもんですね。
けっこう、おっちょこちょいなKAZでした。
2005/08/16(火) 01:25:32 | URL | KAZ #-[ 編集]
電車での恥ずかしい体験
僕は8月13日~17日まで千葉県柏市に帰省してました(現在は岐阜在住)が、電車に乗って恥ずかしい思いをしました。汗かきなのにハンカチを持たず走って乗車してしまい額に汗をかき始めたのです。しかも拭くものを持たないあせりが発汗を加速させました。密着度が高いので視線が気になり途中下車してタオルを購入しましたよ。
朝の電車は特に気を使いますね、会話もないため「視線」だけが活動してるので。
電車内での気持ちよくわかります。
2005/08/18(木) 04:26:13 | URL | ポステリザン曽我 #-[ 編集]
電車内の人の視線
電車の中での他人の視線って気になりますよね。
例えば、「比較的込んでいる電車の中で自分の座っている席の隣の席だけが空いている」場合ですね。その後、人が座ってくれるとちょっとホッとしたりしますね。
でも、恥ずかしい気持ちや人の視線を気にするってことも重要ですよね。いつごろからかはわからないですけど、電車の中で人の視線を気にしない人が増えてきてますよね。
気にならなくなったら終わりなので、少し神経質ぐらいに気にするようにしています。(気にならなくなったら、もう元に戻れないような気がするので。。。)

2005/08/19(金) 01:52:09 | URL | KAZ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://syakaifukki.blog18.fc2.com/tb.php/14-bfc70150
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。