[NEET] [B型] [変人] (3大社会悪!?) のKAZがいろんなものを独自な視点で述べまーすよー。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|
もし宝くじで3億円当たったらどうしますか?今日は宝くじについて考えてみましょう。宝くじのちょっとした知恵をあげてみます。
 ■期待値から考えると半分以下の価値(150円以下)しかない。
 ■当選金の時効は1年
 ■当選金には所得税がかからない
 ■「宝くじに当選したら読む本」なんて本がある
 (amazonで調べたら、『現在在庫切れ』だそうです)

 「宝くじで3億円当たるとどうするか?」これは、結構難しい問題です。普通の人であれば、通常の給料では手に入らない額がいきなり入ってくるわけです。うれしい反面、どうやって使えばいいのかわからないですよねぇ。また、今続けている仕事はどーしますか?自分の生活レベルって変わりますか?

 いろんな高いものを買って優雅に生活しようと考えたりしますよね。生活レベルを上げようとすると支出も増えるのに収入が増えてないままなんで、どんどんお金が減っていってしまいますね。特に、仕事を辞めてしまうともっとひどいことになりますね。
 逆に、全額銀行に預けたとしましょう。昔ならこの金利で優雅な生活が送れたんでしょうけど、今ではそんなこと無理ですね。さらに、そもそも「3億円を当てる」って夢を買ってですよ、夢がかなったのに全部貯金とはまた夢がないですよね。なんのために、宝くじ買ったんだろうって感じです。
 使ってしまえばいずれなくなって元の生活に戻るし、貯金すれば生活が変わらないわけです。少しでも優雅な生活をしたい(生活レベルを上げたい)とすれば、収入を上げるしかないと思うんです。で、結論はというと、例えば50年生きるとすると、毎年600万円づつ使えるわけですよね。つまり、600万円分収入が増えたとして生活すれば、今以上に優雅な生活を送りつつ、元の生活にもどることはないわけです。(分割して毎年収入が入るものとして考えて使っていくってことです)

 でも、これって夢がないですよね。もし、この考え方で働くのを辞めたとしますよね。年収600万円ってのは、多すぎず少なすぎずって微妙ですよね(働いてないから全然いいじゃないかっては思いますけど)。でも、3億円当たって今までと同じような給料で会社で働けるんでしょうかねぇ。
 んーでは、どーするかというと1つ提案です。会社を辞めて、バリ島のような物価の安い海外に移住するってのはどうでしょう(場所によって市民権などの問題がありますが)。上記の考え方をすれば、働かずにかつ優雅な生活を一生送れますよ(為替のリスクってないわけですから)。

そういえば、同じ質問を大学年のときにバイト先で聞かれましたね。

(バイト先の)先輩「3億円当たったらどうする?」
私「旅行行きます。」
先輩「どこに?」
私「じゃー、せっかくなんでぱーっと世界一周旅行なんてどーすっか」
先輩「それだと、200万円ぐらいだよね。残りはどーするの?」
私「車欲しいですねー」
先輩「じゃー高級な外車買って1000万円ぐらいか。でもまだ、全然残ってるけどどーするの?」
私「うーん、とりあえず家も買いますね。」
先輩「まぁー1億円だせばいいのかえるでしょ。まだ、半分も使ってないよ。どーすんの。」
私「(。。。。)貯金します。」
先輩「なんだ、使い切れないのか。そんなもんなんだねぇー」
私「。。。。」
 こんなやり取りをしてたころは懐かしいですね。
 
 宝くじについて書いてきました、結局「取らぬ狸の皮算用」ってことですね。買っていない私は、当たる可能性0%なんで夢を語る権利すらない状態ですからね。でも買った瞬間に価値が半減するってのは、あまり買う気がしないんですよね。

 でも、やっぱりこんな風に夢を語れるのも宝くじを買わないとできない話ですから、んーなわけで、今年こそ3000円払って「夢を語る権利」を買いたいと思います。もし1等があたったら、、、「宝くじに当選したら読む本」を買いますね。でも、この本家の近くの本屋では買いづらいですね(笑)

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://syakaifukki.blog18.fc2.com/tb.php/17-0cb99ce7
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。