[NEET] [B型] [変人] (3大社会悪!?) のKAZがいろんなものを独自な視点で述べまーすよー。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|
 一昔前は学歴社会でしたけど、最近はずいぶん弱くなりましたね。私は、学歴って結構扱い方が難しいものだと思っています。ちょっとタブーな部分はあるのかなぁって思ったりもします。そこで今日は、学歴について考えてみようと思います。

 最近は「学歴を重視する」「学歴は非常に大事」って言葉よりも、「学歴なんて関係ない」「学歴なんて意味がない」なんて言葉を聞くことが多いです。では、学歴は意味がないものなのでしょうか?

 私は誤解を恐れずに言いますと、学歴っていうのは非常に大事だと思っています。学歴を過大評価したり、学歴が全てだということではありません。
 そもそも、学歴ってのはその人の歴史の一部であるはずです。その人自体を知る上で、その人にどういう過去があるかということはとても大事なことです。「過去はどうでもいい。大事なのは今」っていう意見もあり、これはこれで大事だと思います。
 ただし現在のその人と過去にその人が経験してきたことは切り離せないことですよね。「こういう経験をしたからこそ、今こういう風に考える」っていうのはわかりやすいですよね。でも、「こういう風に考える」ってだけだと、変な風に理解してしまうこともありますよね。
 その人自身を深く知る上で、その人の歴史を知ることはとても大切なことだと思います。

 だからといって昔の学歴社会がいいと言っているわけではありません。学歴という、その人の歴史の各点だけを評価しても意味がないと思います。その人が、自分の歴史の中で「何を考え、何を感じて、何を学んできたか」ってことが重要だと思います。そういう意味では、『高学歴』って言葉は好きじゃないですね。人の歴史にレベルが高いも低いもないですよね。

 私の考え方としては、学歴はその人の歴史の一部として理解した上で今のその人を理解する。また、歴史の一部の学歴だけではなく、その人の他の歴史やその歴史のプロセスをもっと理解して、その人の理解に努めることが大事だ、と思うんです。だから、学歴については、否定も肯定もせず、現在のその人をもっと知るためのものと理解すればいいのではないかと思います。

 最後に、「学歴なんて関係ない」って言うのは固定観念ではないでしょうか?私の考え方も固定観念かもしれませんが、「学歴」について今までいろいろ考えてきた結果、現時点の考え方です。また、数年後には変わっているかもしれません。でも、今は真剣にいろいろ考えた結果です。(これが絶対だという気は全然ありませんのであしからず)
 私は、海城中学・高校を卒業して、東京工業大学に入学して卒業しました。社会的に見れば、高学歴という言い方をされるでしょう。昔は、これが嫌で大学名とかを言わなかった時期もありました。(言ってもわからない人もいたので、大学名だけ言ってごまかしたりもしていましたよ)
 なんでそんなことをしたかというと、学歴を知られることで変な先入観を抱かれてしまうと嫌だと思ったからです。「あいつは俺らとは違う」とか思われると思ったんです。現に、そんなことを言われて悩んだこともありました。言っている人は悪気がないのかもしれないですけど、言われた方としては「壁」があるんだなと感じてしまい、結構ショックでした。
 
 今は自分で気にしすぎだと思うようにしています。自分の過去を隠して、うそついたりしても意味がないなと思っています。まぁでも、「学歴」自体は関係ないなって思ったりもします。それは、『高学歴』と呼ばれる高校・大学に行って、学校の授業や講義で学んだものはどれほど価値があったのかと思います。比較対象にはならないと思いますけど、社会にでてから学んだことの方が圧倒的に多いです。でも、学校生活の中で価値あることを学べたとは思っています。また、それを他の学校と比較することはできません。加えて、同じ学校にいても人によって学ぶことは違いますから、その点からも他と比較しても何の意味もないもんだと思います。


スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/23(木) 20:51:32 | | #[ 編集]
学歴についてのコメントの返事
コメントありがとうございます。

すごく率直なコメントをいただき、ありがとうございました。

このような形で受けたのは初めてですし、なんと返事をしたらいいのか考えてました。

ありがたいコメントなので、公開されていないのが残念ですが、このコメントに対しては一言では書ききれないので、きちんと記事にして書きます。

コメントを書いていただいた方へ

ありがとうございます。このコメントは、率直な意見がすごく伝わってきました。自分でも記事とコメントを両方読み返して、いろいろ気づきました。
ブログを書いていてよかったと思いました。これからも機会があればみて、コメントしてください。


2006/03/01(水) 02:16:15 | URL | KAZ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://syakaifukki.blog18.fc2.com/tb.php/18-d67567e6
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。