[NEET] [B型] [変人] (3大社会悪!?) のKAZがいろんなものを独自な視点で述べまーすよー。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|
 社会人として普通に過ごすときは、学歴についてあまり気にしませんし、「社会人になったら学歴なんて関係ない」って言う人は多いです。
 
 でも、就職活動においては「学歴は関係ない」っては言えない気がします。

 そこで、採用活動をお手伝いして10人ほどの学生と会って面接して、1次選考を行うという貴重な経験を通して感じたことを書きたいと思います。

 まず、採用活動をしてリアルな実感から。1時間ぐらい会って話をして選考を決めるのですが、結論的には学歴と評価は比例してしまった記憶があります。
 先に学歴などを把握して面接をしているので先入観がないとはいえmせんが、『学歴で評価を決めたのではありません』。評価する場合には、○と×をつければいいわけではなく、いろいろな基準から判断して、その基準に対して評価を記述するわけです(選考方法にかかわるのでくわしくは書きませんが。)

 採用担当ではない私などは正直、それを書くのに学歴など気にしてられないわけです。面接時の印象から、書くわけです。
 
 では、(一般的に言われる)学歴の高い人と低い人にそんな大きな差があるかというとそんなに差がないと思うのです。現に、選考する際に、非常に悩みましたから。

ここでまとめてみると、
<採用を通して>
○限られた短い時間の中でその人のことをよく知ることはとても難しい。
○でも、その限られた時間の中で選ばなくてはいけない。(いい人を選ぶというより、落とすという感覚で選考する)
○あまり差がないのだが、結果的に学歴のいい人が受かっている。

となります。私の印象では、学歴で決めるというより
 短い時間では差がつきにくい
  ⇒でも決めなくてはいけない
   ⇒他に決める要素がなければ、最後は学歴はものを言うかな
というぐらいの感じです。

まだまだ学歴重視している企業も多いと思いますが、就職活動の方々に伝えたいことがあります。

・企業は、就職活動をするにあたって1人あたり数百万円かけたりしています。(企業によりますが、新卒者の採用にはお金がかかるものと思ってください。)
・企業には、あなたを深く理解するほどの時間はありません。
・企業は、あなたを受からせようと思って面接しているわけではありません。(よく理解しようとは思っていますが、時間が短いため理解はできません。)
・理解できなくても、合否を決めてすぐに通知しないといけません。
・少ない時間の面接結果 + 履歴書しか判断材料がありません。
・面接は多くの人がそつなくこなすので、あまり差がでません。

といった中で、私が重要だと思うポイントを1つ上げます。
「(面接する人から見て)この人と一緒に働きたいな」と思うか思わないかがポイントです。

あとはテクニック的になってしまうかもしれませんが、
「ソツなくこなす」 = 「印象に残らない」 ⇒ ×
「インパクトを与える」 = 「次の面接に何かを期待させる」
                ⇒最後の1枠で○がでたりする
ということがあるような気がします。(転職活動の経験より)

ちなみに、転職活動では学歴はほとんど関係ないですし、仕事をする上でも関係ないです。

学歴が高いことは、新卒の就職活動のときのほんのちょっとのアドバンテージなだけのような気がします。
でも、みんな同じような結果になってしまうのでちょっとのアドバンテージが生きてきてしまっている。
でもでも、そのちょっとのアドバンテージを得るためだけに、高学歴を得ようとすることは非常に無駄なことだと思います。

就職活動をしている方はぜひ頑張ってください。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://syakaifukki.blog18.fc2.com/tb.php/59-58aefdbd
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。