[NEET] [B型] [変人] (3大社会悪!?) のKAZがいろんなものを独自な視点で述べまーすよー。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|
 - 学歴 -
 ××高校卒。○○大学卒。

 でも、夏の甲子園準優勝は学歴とは言わないですよね。ここに私は非常に違和感を感じるのです。

 学歴とは、「その人が何を学び、何を習得してきたかを表す歴史」である。
 ・△△コンクール 特別審査員賞受賞
 ・U18-東京都代表として選ばれる
 ・モーニング娘。最終選考まで残る

 こういった、勉強以外のどんなことでも学んだとしてとらえて、その学んだ結果を全て学歴として考えることが大事だと思います。
 
 それで、社会の歴史を理解する場合と同様に、その人の学歴を通してその背景や流れを理解して、その人をより一層理解するというわけです。

例えば、徳川家康の場合
 1600年 関が原の戦い 
 1603年 江戸幕府を開く
 という歴史だけを理解しても価値はなく、その出来事を理解し、その背景を理解し、またその流れを理解することによって、徳川家康を理解できるようになるというわけです。


 私は今まで述べたように学歴というものをもっと広く捉える必要があると考えてます。
 そして学歴を広く捉えた中で、子供たちが何を学び、そして学んだ結果が学歴として刻みこまれていけばいいと思います。

 最後に、自分としては今のシステムエンジニアという仕事をやめて、いずれこのようなことに関わっていくことが理想です。
 子供たちが何を学ぶにしても、絶対につまずいたり、壁にぶつかったりするわけです。また、ささいなボタンの掛け違いから、時間がたつと自分の力では直せなくなったりしています。そういう子供たちに対して何らかの手を差し伸べられることができるような仕事をしたいです。 
 (そのためには、今以上にいろいろ経験し、いろいろ学んで、いろいろなことを伝えられる大人に自分がならないといけないわけですが)


 学歴というものに対して、
  「リアルな社会で感じたこと」と「こうあるべき(理想論)」というのを書いてみました。
 あくまで、私のポジションに基づいた偏った意見です。でも、これを読んで何か残っていただければいいなと思います。

スポンサーサイト
コメント
学歴
やはり、未だに学歴の重視性は高いのでしょうか?
やりたいことを極めるためによい先生を捜して学校に通っているのならばそれなりに株が挙がって当然ではないかとは思います。

よい先生は、生徒を育てるのがうまい。
うまく育った生徒は、よい仕事をする。
よい先生のいる学校はよい学校。
このような流れを把握し、優秀な教授を多く持つ大学を評価しているというのならば、なるほど、企業って奴はたいしたもんだ。と感心します。
しかし、大学の内容・教授の実力・現状を理解せず、入る時点のレベルだけで入った人間は優秀と先入観をもって決めているとすればただのブランド好きとしか感じられません。また、人間とは無意識に物事を記憶し本人は意識していないと考えていても無意識に情報を引き出してしまう場合があります。
全く個人の情報を手にせずに面接したうえで大卒者が多く選ばれたのならば大卒者の本当の面接印象の評価にはおどろかされますが、少なからず大卒というブランドの影響はあるように思えました。
やる気があり勤勉な学生は、大学・短大・専門どの道を選んでも素晴らしい逸材となることでしょう。
企業は、その優秀な逸材を獲るために【面接のプロ】を雇いより効率よく企業にあった人物を雇えばいいのにな。と感じます。
人間が、他の仕事をしさらに人を見る目を養うには限界があります。
ならば、その道を極めた【カウンセラー・心理学者等】を雇うべきではないでしょうか?そういう人が面接官ならば履歴書に記載される家族構成・学歴の記載には納得がいきますよね。
分析に必要そうだから。
2006/03/04(土) 02:32:11 | URL | マーチ #-[ 編集]
学歴を重視しているわけではないと思います。
どーもです。

確かに、今の新卒者の採用はいいとは思いません。
私は、学歴は重要だと思いません。
ただ、「人が人を評価することは難しい」ということです。それも短時間で、結論をださないといけないんです。

短時間の面接では、訓練しだいではなんとかすることもできます。だから、本当にいい人を見抜くことは難しいです。

逆に、学歴・資格は文句ないレベルなのに選考から落ちている場合もあります。だから、学歴・資格で決まるわけではないのです。

結局、その人自身をわからないまま、学歴で選ぶしかないのではないでしょうか。

どういう形がいいんでしょうかね。
難しい問題だと思います。
2006/03/04(土) 15:59:37 | URL | KAZ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://syakaifukki.blog18.fc2.com/tb.php/60-29656b4d
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。